Once×Again

まだまだ初心者な嵐好きな、るみるです。
担当など関係なく仲良くして頂けたらとっても、嬉しいです。
嵐以外の趣味や、好きなもの、日常、などなど。思うままにも綴っています。
何か御座いましたら拍手やメルフォからメッセージをいただければ嬉しいです。

一定期間更新がないため広告を表示しています


何か一言ありましたら!励みになりますッ



2013/02/11 (月) | -
- | -
 嵐以外の無関連エントリーが連続ですまないです。
でも、叫ぶ場所が今の所ここしか無いので叫ぶ。

まあ、隠しますか。映画話で御座います。





何か一言ありましたら!励みになりますッ








ハートロッカーを先日見ました。私は面白かった。
ただ、内容は重たいのでおいそれ感想を綴れはしないのですが…
結構多く戦争映画は見てます。ドキュメンタリも見るし、体験者さんのお話を聞いた事も有ります。
無論、この中で体験者さんのお話以上に勝るものは無いわけですが、矢張り私の様な戦争を知らぬ者にとって
昔とは言え、映画などの映像は欠かせないものだと思います。他に知る手段がそういうのしか無いし、
それが一番なのだと思います。つまり、戦争がこの国で起こってないって事ですから。
ただ、世界で言えばそうじゃない。ハートロッカーは今正に、今、を描いていたと思います。
しかも、戦争、ではなく其処に居る兵士や一般市民、それに重点を当ててたなって、私は感じました。
冒頭の麻薬中毒の様な物、という言葉が重く圧し掛かりました。最後まで見てね。
爆弾処理班というのを明確に知らなかったので、ニュースとかでは断片的で片寄ったものしか知らせないし、
だからこそ私たちはその裏で起きている事態も存在するのも知りえる手段は深くつっこまなきゃ無いのだと思います。
見てる間中は画面に釘付けで、爆弾を処理するその緊迫感が伝わってきました。
しかも、派手な銃撃戦とか勿論無いわけですが、静けさの中にも激動があり、複雑な心境になりました。
とてもとても複雑な気持ちになりました。被害者加害者と気軽に分類出来ないのが、やはり戦争なんだと思います。

是非、少しでも興味の惹かれた方には見ていただきたい。
こういう内容は賛否が分れるところでしょうが、ま、映画は批評はおいといて好きなのを見れば好いと思います。





まあ、内容は取り合えず置いといて。

じぇれみーさんがカッコいい!!!!!ていうか、えろいー!!!!

舐めるように見てみましたが、えろかっこよかったです。

で、SWAT、28週後、ザ・タウン、そして何故かシャドウゲームを借りてきました。
ホラー嫌いなのに…でも、じぇれみーさんが出てるので頑張ってみるよ。ダマーも近い内に借りる予定。
シャドウゲームは今、海外ドラマのSHERLOCK にはまってましてその流れで。原作の方も
買いなおして読み直そうと思い、緋色の研究を読み終えました。
昔のは文字がちっこいのですが新/潮さんからちょっと大きめので出てるんですが…ここの訳での
ワトソンが可愛いんですけど。尋ねるのに、「駄目なの?」とか、なにそれちょうかわいい。


うん、好い具合に金を掛けておる。



 


2012/10/29 (月) 23:55 | 未分類
- | -

何か一言ありましたら!励みになりますッ



2013/02/11 (月) 23:55 | -
- | -
同じカテゴリの記事